Jul 6, 2015

やっぱりサロンワークだね。

今、以上に左足親指と右手親指が痛いです。

 

どうも、早田です。

 

今月は撮影を久しぶりに10名以上させて頂く予定が立ったので

 

テンションMAXな僕ですが、こういう時こそ

 

俄然サロンワークの見直しを考えたりするわけです。

 

同業の方曰く、僕はあまりサロンワークしているイメージがないらしく

 

いろんなところに行ってフラフラしているイメージらしいですf^_^;

 

実際のところ集客撮影の為だけに撮影をしているわけでなく

 

・こういうスタイルにチャレンジしたいと言って指名していただける方。

・少しでも違いを感じた感度を高めたい方。

・常にチャレンジャーとしての自分と向き合う為。

・自分の感度を高める為

 

こういうことを意識してやってるわけです。

 

 

もちろん撮影をしていて高まる部分も多いですが

 

撮影から生まれる技術なんてほとんどなく

 

毎日来て頂いてるお客様のおかげで磨かれていっていると思います。

 

あまり普段の営業中に写真を撮ることはないですが

 

何枚か携帯で撮らせた頂いた写真があるので

 

解説をいれて載せていきたいと思います。

 

 

 

 

【カラー編】

 

IMG_6855.JPG

 

Nさん(担当歴3年半)

1ヶ月半周期でご来店。

1年に1回 夏にハイライトを入れているので

かなりアンダーカラーから極まっている。

3年ほどピンクベージュ系カラーにしていたが今年からカラーチェンジ。

9月から1年弱留学予定。

lottに来れなくなるので徐々に暗めに慣れて行っている最中。

今回は13トーンまで明るくなっていたので

6〜7トーンの薬剤をオリジナル配合してプラチナグレージュに。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6857.JPG

 

 

Kさん(担当歴4年)

3ヶ月周期でご来店。

ひたすら4年間マットアッシュを重ねた洗練されたアンダーカラー。

本人曰く、ズボラなので来店周期が長くなる時があるので

根元が伸びても目立ちづらいように毎回グラデーションでカラー。

夏はアクティブに楽しみたい!!

今回は毛先のグラデーションで遊びを。

夏終わりにバッサリカット予定。

 

 

 

 

 

 

IMG_6858.JPG

 

Hさん(担当歴3年)

2ヶ月周期でご来店。

1年に1度全体ハイライト。最近1年は毛先のグラデーションカラーが気分。

3年間ピンクローズ系の彩度が高いギャル系カラーにしていたが

今年から徐々にプラチナ系カラーに興味が出てきた。

暗いところでも柔らかく明るさを感じる色を希望。

今回はシナモンアッシュからミルクアッシュのグラデーションに。

 

 

 

 

【ヘアセット編】

 

IMG_6834 IMG_6833 IMG_6832

 

 

【特徴】

・ボサボサに感じるようなセットはイヤ

・ストレートアイロンで波巻きしない

・編み込みを入れない

・ボリュームを出しすぎず華やかに

 

 

 

 

 

IMG_2736

【要望】

・肩につかないくらいのボブだけどアップにしたい

・40代にも似合う今どきスタイル

・昔っぽくもしたくない若くなりすぎないように

しかし同じテーブルの方より若く見えるように

 

 

 

リアルじゃないですか???笑

 

 

 

 

 

どんなにトレンドとか新しいものとか考えても

 

目の前のお客様が何を求めていて

 

そこに

 

・似合わせ

・ライフスタイル

・ちょっぴりの背伸び感

 

が入っていればOKなんじゃないかと僕は思っています。

 

 

 

◯◯は今流行ってるからそっちはやめた方がいい!!

 

とか

 

◯◯はもう流行ってないからやめた方がいい!!

 

とか

 

ショートカットは似合いませんよ!!

 

とか

 

ボブにするとちび◯◯子ちゃんみたいになるよ!!

 

とか

 

このカラーはブリーチしないとできないから痛みますよ!!

 

とか

 

このカラーは写真加工されてるから無理ですよ!!

 

とか

 

これはコテで巻いてるからパーマじゃできないんですよ!!

 

とか

 

痛んでるからパーマできませんよ!!

 

 

否定的な言葉ばかり並べずに

 

自分のスタイルとして出してるのなら

 

やりきる。

 

自分のスタイルがないのなら

 

お客様の話をじっくり聞いて納得してもらえるような人間性を持つ。

 

結果的にお客様が笑顔で1〜3ヶ月過ごしてくれればOKな訳です。

 

言い訳や嘘のないサロンワークをしていき

 

スタッフにそういう背中を見せていきたいものです。

 

 

Posted in BLOG, HAIRNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment