Nov 26, 2016

教えるとか教わるとかこういうことなんだよ!!

どうも、早田です。

月曜日はlottはお休みをいただいてました。

そしたら夕方に、

アシスタントの佐久間からこんなLINEが来たんで、

朝から

カット練習見ましたよ。

実は今回バッサリ切るのは

【初】

なんです。

いや…

前髪以外切るの初めてらしいです。

ドキドキですよね?

本人も前日眠れなかったらしいです。

憂いですね…w

そして切るスタイルは、


↑ 引用失礼します

そして佐久間のカット初モデルちゃんは

Twitterで見つけてくれた地元の10年ぶりに会うこの子らしいです。

【モデルさんのオーダー】

・今日は写真くらいでもいいけど、本当はアゴくらいのボブに切りたい。

・顔を小さく見せたい

それなら……


↑   ↑   ↑   ↑   ↑


じゃ、このスタイル切ってください。

ということで、急遽スタイルを変えて挑むのでした。

ここから見ても手が震えてるのが伝わりますね。

懐かしいですねぇ。

lottは練習する時は絶対見直せるように動画を撮ります。

↑    ↑    ↑    ↑    ↑

これ大事。

初カットはちょっと毛量減らす

ウェットカットで15分。

なかなかです。

ドライカットは20分くらいだったかな??

上々でしょう。

それでは仕上がりを。

メッチャいいじゃんΣ(・□・;)

人生初カットと思えないクオリティー…

やるじゃん…

モデルさんにも率直にお話しを聞かせていただきましたが、

本当にもすごく喜んでくれてましたね。

そして、すごく褒めましたね。

本人もメチャクチャ興奮してましたww

いい写真です。

美容室って練習一つにしても

会社によって色々あって

カリキュラムがみっちりあるところもあれば

上の人の機嫌を伺いながら

ノリで教えてもらえるようなところもあるし

むしろ、何も教えてもらえない店というか

教える環境、教わる環境がない会社もあったりします。

もちろんビジネスの形態としていろんな形式があって成立して入ればOKでしょう。

ただ、ここからは僕の個人的な考えですが、

教える方も教わる方もフラットじゃないといけない。

お互いに

【学び】

なんですよね。

教わる方も、

上司への頼み方、報告仕方、教わり方を考える

練習の姿勢、仕方、方法を考える

今自分がやっていることと将来を逆算する

給与が発生している中で教えてもらうのに

当たり前なんてない



教える方も、

型にはめず、オンリーワンな姿勢で接する

カタチを教えず、在り方を教える

教わる方がどうなりたいか知った上で

自分が持てる全てを伝える




なんか美容室って

こんだけやってやったのに!

こんだけ考えてんのに!!

みたいな感情が芽生えて

教えてる側が満足しちゃうんですよね。

でも、大事なのは本人と会社の想いを乗せて

明確なゴールを決めて突き進む。

それがすごく大事なんじゃないかなって最近は

切に思ってます。

現に佐久間はウィッグでの練習が報われたのが

相当嬉しかったらしく、

ここから毎日夜モデルハントして

翌朝モデルさんを入れてます。

ここが大事なんです!!



今まではモデルハントに言っても結果が出ない日もありました。

でも、本当に良くなりたいと思ってお願いしたら

絶対伝わるんですよね。

もちろん、眉間にシワを寄せてやらないといけない時や事もあります。

しかし根本は


今自分が取り組んでる事を楽しんでるか?


そんな自分を愛せるか?

それしかないと思います。

教えてもらうのが当たり前は

当たり前じゃないんですよね、これが。

これからは美容室の根深い

【当たり前】

を、変えていかないといけない

変革期に入っていると思います。

教える方も教わる方も、

【学び力】

これを身につけて

お客様からも上司からも同期からも後輩からも

【愛されるスタイリスト】

になる為に爆進してほしいものです。

それでは。

Posted in BLOG, PRIVATENo Comments » 

関連記事

Comment





Comment