Sep 27, 2016

フルメイク教えてるんです。

どうも、早田です。

系列店のkikeyの初田が

10月に北九州で行われる

【東京ガールズコレクション】

のバックヤードでヘアメイクをすることになったので
【早田式 短期集中トレーニング】

で死ぬほどレベルアップさせることにしました。

今回はまず初歩編。

基本的な【秋メイク】をレクチャー。

今回のモデルさんは

若干日本人らしく平たい顔ですが

(失礼いたしました)

パーツもしっかりしているので

骨格を際立たせながら

秋らしくシックにレディライクにつくっていきます。

まずは僕がデモを入れてやったんですが、

初田からズドン!

普通に可愛くできていますが、

ちょっと全体を中央寄りに丸くつくっているので

タヌキ顔っぽくなって

若い子がしっかりメイクしたって感じになったかな。

前髪入れるとこんな感じ。

最初にしては上出来!!

てか、普通に可愛いしこれでいんですけどねww

でも、

もう少し大人っぽさのバランスは取りたかったかもですね。

それではそこまで偉そうに言っている僕はどうなのか……

ちょっと出すのすら怖くなりましたf^_^;

まぁ、でもブログが何のことやらとワチャるのでここら辺でだしますね。

それでは!!

ズドン!!

眉も太過ぎずに少し長め。

アイメイクも二重がくっきりだけど少し黒目の上から奥二重気味に入っているので

シャドーで縁取りだけレンガ色からゴールドベージュに外にグラデーションが入るようにし、

アイラインはまつ毛の間の隙間を埋めるようにペンシルライナーを入れて

目尻だけリキッドライナーを使ってます。

それだけで少し顔の印象が外に向き大人顔に近づきます。

次にリップは先にフレームではなく中からつくり、赤リップの強さが出ないようにしていきます。

ポイントは中心をブラウンも重ね濃く、

外はリップそのものの色を使い濃いけど自然に。

このコントラストが厚ぼったくならないリップのポイントです。

そして最後にチーク。

僕の中の秋メイクはチークで引き算。

秋冬はやはりちょっぴりシアーだったりグロッシーだったり濃いめのマット系だったり配色が強めのものが多くなるので

色味が強いものを顔にたくさん持ってきてしまい顔の中が渋滞するので

チークは血色を良くするのと骨格補正でシェード寄りかふっくらつくるかのメリハリだけでいいんではないかと僕は今季は思っています。

大人っぽさが存分に表現できてるんではないかと思います。

そしてこれが

2人共のメイクの違いです。

もちろん好みは人それぞれですし、どちらが可愛いというのもあると思いますが、

逆に好みに寄り過ぎない印象もつくれるようになるのも大事なんではないかと考えています。

もちろんお客様にもアドバイス出来るところはしますのでなんでも聞いてくださいねー。

Posted in MAKENo Comments » 

関連記事

Comment





Comment